【VBAの始め方】エクセルでプログラミングを使用する方法

VBAの始め方のサムネプログラミング

この記事では、エクセルでプログラミングを使用する方法

つまり、VBAの始め方について解説しています。

VBAとは、ExcelやWordなどで使えるプログラミングです。

VBAの設定から、実際に軽くプログラムを実行してみるところまで解説しています。

エクセルでVBAを使えるようにする手順

VBAとは、Microsoftが提供するアプリケーションで使用できるプログラミングで、

Excel、Word、PowerPointなどで面倒な作業があったときに、簡単に自動で行ってもらうためのプログラミングです。

ブログ主の画像

クライン

それではVBAを使うための準備をしていきましょう。

エクセル上部のリボンに「開発」を追加する

なんでもいいのでエクセルを開いてください。

エクセルが開けたら以下の手順に従って、「ホーム」とか、「挿入」とか、がある上部のリボンのところに「開発」を追加していきます。

上部に「開発」を追加する手順

  1. 左上にある「ファイル」を開く
  2. 左側の「その他」から「オプション」を開く
  3. 左側の「リボンのユーザー設定」を押す
  4. 右側にある「開発」にチェックマークを入れる

リボンのユーザー設定」を開いた後、チェックマークを入れる「開発」の場所は下図の通りです。

開発にチェックマークを入れる

以上で上部のリボンに「開発」が追加されたと思います。

初期状態のままなら表示とアドインの間に開発が入る
ブログ主の画像

クライン

続いて、プログラミングを実際に記入するVBAの開き方を説明します。

プログラミングを記入するVBAを開く

「開発」が追加できたら以下の手順に従ってVBAを開きます。

上部に「開発」を追加する手順

  1. 上部の「開発」をクリックする
  2. 一番左の「Visual Basic」を開く
  3. 上部の「挿入」から「標準モジュール」を開く

Visual Basic」を開くと下のようなものが出てきます。

VBA起動後のページ

そして、「挿入」→「標準モジュール」の順に操作すると、右側にプログラミングを記入するシートが出てきます。

VBAを開いてプログラミングを記入する場所を右側に用意する

以上でエクセルでプログラミングを使う準備は終了です。

右側のシートにプログラミングを書いて使います。

ブログ主の画像

クライン

せっかく入れたので、1回ぐらい動かしてみましょう。

実際にプログラミングを書いて動かしてみる

それでは、

  1. 簡単な動作確認
  2. 使えそうな実践

の2つを行ってみましょう。

A1~A5に「VBA入門」と書き込む

まずは、A1~A5に「VBA入門」と自動で書き込むプログラムを書き実行しまてみます

以下のプログラミングをVBAの右側にあるシートに記入してください。

Option Explicit
Sub 動作確認()

    Range("A1:A5") = "VBA入門"

End Sub

Option Explicit : 書かなくても動くが、書いとくとエラー検出しやすい
Sub 名前() ~ End Sub : 開始と終了(間にプログラミングを書く)
Range : セルの指定をする

記入したら実行します。

Sub 名前() ~ End Sub の間のどこかにカーソルを合わせて、「Fn」と「F5」を同時に押すと実行できます。

実行すると下図のように、エクセルのA1~A5に「VBA入門」と記入されます。

VBA動作確認における実行前と実行後

Sheet1の情報をSheet2にコピーする

次に、Sheet1の情報をSheet2にコピーするプログラムを書き実行してみます。

まず、エクセルでSheet1とSheet2を用意し、Sheet1のA1:C10に何かしら入力しください

実践の実行前の準備

次にVBAに、以下のプログラミングを記入してください。

Option Explicit
Sub 実践()

    Dim ws1 As Worksheet
    Dim ws2 As Worksheet
    
    Set ws1 = Sheets("Sheet1")
    Set ws2 = Sheets("Sheet2")
    
    ws1.Range("A1:C10").Copy ws2.Range("A1")

End Sub

Dim 名称 As オブジェクト : “名称”をなんかしらのオブジェクトにする(おまじないみたいなもの)
Set : “名称”にシート情報を代入する
Range : セルの指定をする
Copy : コピーする

記入したら、「Fn+F5」で実行します。

実行すると下図のように、Sheet1のA1~C10までの情報が、Sheet2に記入されていると思います。

実践の実行前と実行後

簡単な練習は以上です。

ブログ主の画像

クライン

あとは、練習あるのみです。色々やってみてください。

参考:
エクセルの神髄「VBA100本ノック 1本目:セルのコピー」
わんちょんのゆっくりIT「【まとめ】VBA100本ノック解説 1~10本目【ゆっくり解説】」

最後までお読みいただきありがとうございました。

ロゴ
タイトルとURLをコピーしました