テキサスホールデムのルールを簡単に説明する

テキサスホールデムポーカーのルールのサムネポーカー

カジノでポーカーと言えば、「テキサスホールデムポーカー」が一般的で、世界的に人気が高いです。

テキサスホールデムポーカーの部類は、「対人戦・心理戦ゲーム」になります。

この記事では、このテキサスホールデムポーカーのルールについて簡単に解説します。

まず、対人戦ゲームに欠かせない勝利条件ですが、このゲームには2つの勝ち方があります。

勝利条件

  1. 相手より強い役を作り、戦って勝つ

例えば、52枚のトランプから5枚をランダムに取ったときに、数字もマークもバラバラよりかは、5枚が全て♥マークで揃っている方が珍しそうですよね。

その感じで、珍しい方の勝ちとなります。

1つ目の勝利条件は、「喧嘩でいうところのちからが強い方の勝ち」って感じのような勝ち方です。

・どんなトランプの組み合わせが強い役になるのか?
・ポーカーにはどんな役があるのか?

これらに関する詳細は、以下の記事にあります。

勝利条件

  1. 相手を怖気づかせて、戦わずして勝つ。

続いて、2つ目の勝ち方は、「喧嘩でいうところの相手が逃げ出して喧嘩すら起こらない」って感じのような勝ち方です。

この勝ち方があることで、ポーカーは心理戦のゲームとなり、嘘つき(ブラフ)のゲームになります。

勝利条件を把握したところで、本題のテキサスホールデムポーカーのルールについて解説します。

ゲームの一連の流れを簡略化すると以下の通りです。

テキサスホールデムポーカーの一連の流れ

  1. 【配布】 プレイヤー全員に2枚ずつカードが配られる。
  2. 【行動】 テーブルにカードが置かれていくので、そのたびにアクション(行動)を行う。
  3. 【役作成】 最終的にテーブルに5枚のカードが置かれるので、自分に配られた2枚を追加した7枚の中から5枚を選んで役を作る。
  4. 【精算】 一番強い役を作った人が賭け金を全て手に入れる。

それでは、詳しくルール説明していきます。

手札が2枚配られる

トランプを広げる

ポーカーと言えば、5枚というイメージを持っているかもしれません。

それは正しいイメージなのですが、テキサスホールデムポーカーでは、最初2枚のカードが各プレイヤーに配られます

初期かけ金を賭ける

お金を数える

次に、「初期かけ金を賭ける」ことを行います。

プレイヤーのうち2人が代表して、ゲームが始まるときに賭け金を支払います。

ここで、ディーラーボタンについて触れておきます。

ディーラーボタンとは、テキサスホールデムポーカーにおける「初期かけ金を賭ける人を誰にするのか」や「アクションを誰から行うのか」を決めるための目印です。

ディーラーボタンの説明

上図のように、ゲームが始まると誰かの前に置かれます。

このディーラーボタンを起点にゲームが進行されていきます。

初期かけ金を賭ける」の話に戻りますが、

初期かけ金を賭ける人は、ディーラーボタンの左隣りの人とその左隣りの人の2人です。

賭け金の額は、そのテーブルごとに変わりますので、ゲームテーブルに座る前に確認しましょう。

また、誰かが初期かけ金を賭け続けるような不公平がないようディーラーボタンは毎ゲーム、時計回りに回ります。

第1アクションターン

ACTION

最初のアクションを行うターンです。

手札2枚が配られた段階で、テーブルにはカードがない状態のときに最初のアクションを行います。

アクションは5種類あります。

自分の番が来たら、下記5種類のうちから必ず1つを選んで行動します。

アクションの5種類
  • チェック:そのアクションターンにまだ誰も賭けていないときに、何もせず次の人に順番を渡すこと。
  • ベット:そのアクションターンにまだ誰も賭けていないときに、お金を賭けること。
  • コール:他の人が賭けた額と同額を支払うこと。
  • レイズ:他の人が賭けた額より大きい額を賭けること。
  • フォールド:勝負を降り、負けを認めること。その後、そのゲームにおいてアクションを行うことは無い。

ただし、第1アクションターンでは、初期かけ金を賭けている人がすでにいるので、ベットとチェックを行うことはできません。

アクションを行う順番は、ディーラーボタンの3つ左隣り(初期かけ金を賭けた人の左隣り)の人から時計回りに行います。

フォールドした人以外の全員の賭け金が同じになるまでは、何周でもアクションを行い、

全員の賭け金が揃ったところで次のアクションターンに移行します。

第2アクションターン

テーブル上に3枚のカードが置かれる

2回目のアクションターンです。

まず、テーブルに3枚のカードが表向きに置かれます

その3枚を見ながら第1アクションターンのときと同様にアクションを行っていきます。

アクションを行う順番は、ディーラーボタンの左隣りの人から時計回りです。

そして、全員の賭け金が揃ったところで次のアクションターンに移行します。

第3アクションターン

3回目のアクションターンです。

テーブルに新たに1枚のカードが表向きで置かれ、テーブルのカードが合計4枚になります

あとは、第2アクションターンと全て同じです。

第4アクションターン

最後のアクションターンです。

テーブルに最後の1枚が表向きで追加され、テーブルのカードが合計5枚になります

あとは、第2アクションターンと全て同じです。

フォールドしてない人の賭け金が揃ったところで、ショーダウン(勝負)に移ります。

ショーダウン

女性の背中

最後までフォールドしなかった人が、それぞれ自分の手札を公開し、

それぞれ手札2枚とテーブルに置かれた5枚の合計7枚のうち、5枚を使って役を作ります

公開した人の中で一番強い役を作った人が勝者となり、

そのゲームにおいて賭けられたすべてのお金を手に入れ、ゲームが終了します

また、もしもゲーム途中で、誰か1人を残して他全員がフォールドした場合は、その時点で残った1人が勝者となりショーダウンすることなくゲームが終了します

ショーダウン時の例

手前のプレイヤーの役は、手札の♦K,♠Aに、テーブル上の♦Q,♠J,♥Jを加えた5枚で作る Jのペアです。

左のプレイヤーの役は、手札の♠Qに、テーブル上の♦Q,♠J,♥J,♧6を加えた5枚で作る JとQのツーペアです。

テキサスホールデムポーカーのルール説明は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ロゴ

コメント

タイトルとURLをコピーしました