【図説で分かる】ルーレットのルール解説(初心者おすすめ)

ルーレット

簡潔に言うルーレットの基本ルール

ディーラーの投げ入れたボールが落ちる場所を当てるゲーム。

当たった場合の配当は、賭け方によって変わってくる。最大で36倍。最小は2倍。

ゲームのやり方

ルーレット専用チップへの交換を忘れずに

ルーレットで遊ぶ前に必ずやることです。

ルーレットは他のゲームとは異なるチップを使用して遊ぶので、まずルーレット専用チップへ両替えをします。

個人別に違う色の金額の書かれていないチップです。

個別に色を分ける理由

同じベッティングエリアをみんなが同時に使ってプレイするのでごっちゃにならないようチップの色を変える必要がある。

他のゲームの場合自分の目の前にチップを賭けるので、その心配はない。

金額が書かれていない理由

  • 金額ごとにチップの色を変えることが出来ないから。
  • 配当時に、金額が書いてあると配当が大変になるから。

チップ1枚の値段

チップの値段は客が自由に決定する。決定した額で適当な枚数と両替をする。

チップの値段を決定するやり方は、両替してくれるディーラーに伝えるだけ。

両替時にディーラーはメモしています。なので、ディーラーがメモしている金額が基準になり、1枚$10でプレイしていたのを、勝手に1枚$100に変えたりすることは当然できない。

ルーレットのゲーム進行の流れ

  • 賭け始めるのはプレイス・ユア・ベットと言われてから。

  • 賭けている最中にディーラーはボールを投入する。
  • 賭け方によって配当が2倍から36倍にまで変わる。

  • ボールの回転がゆっくりになってきたらディーラーがノー・モア・ベットというので、それまでに賭け終える。

  • ボールの入った番号に該当する賭け方をしていたチップに配当を配る。

賭け方と配当額

  • インサイドベット・・・数字に賭けること。
  • アウトサイドベット・・・奇数や偶数といった数字以外に賭けること。

インサイドベット

ストレートベット

配当は36倍。0,00,1~36までの全38個の数字に賭けること。

スプリットベット

配当は18倍。隣り合う2つの数字に賭けることで、2つの数字の間のライン上にチップを置く。

コーナーベット

配当は9倍。4つの数字に賭けることで、4つの数字の中心の十字ラインにチップを置く。

ストリートベット

配当は12倍。縦1列の3つの数字(1,2,3),(4,5,6),…,(34,35,36)に賭けることで、列の上または下のライン上にチップを置く。

ダブルストリートベット

配当は6倍。縦2列の3つの数字(1,2,3,4,5,6),(4,5,6,7,8,9),…,(31,32,33,34,35,36)に賭けることで、列の上または下のラインの交点にチップを置く。

ファイブナンバー

配当は7倍。0,00,1,2,3の5つの数字に賭けることで、0と1または00と3が交わるT字ライン上にチップを置く。ダブルストリートベットの端っこ版。

アウトサイドベット

カラーベット

配当は2倍。黒(black)か赤(red)に賭けることでどっちかに賭ける。

オッドイーブンベット

配当は2倍。奇数(odd)か偶数(even)に賭けることでどっちかに賭ける。

ハイアンドローベット

配当は2倍。high(19~36)かlow(1~18)に賭けることでどっちかに賭ける。

ダズンベット

配当は3倍。1~12、13~24、25~36に賭けることで、2つ同時に賭けることもできる。

コラムベット

配当は3倍。3ずつ増える12個の数字(1,4,7,10…34),(2,5,8,11…35),(3,6,9,12…36)に賭けることで、2つ同時に賭けることもできる。

注意点

テーブルを離れる前に絶対にしなければいけないことがある。

専用チップを普通のチップに戻す。

メモしているディーラー以外はあなたのチップ1枚がいくらか分からないから。

まとめ

ルーレットはゲーム進行自体は非常にシンプルで、

賭けて→当たれば→配当がもらえる。

賭け方は多く、2倍や3倍から36倍の配当があり、賭ける時間はボールが勢いよく回っているあいだ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました