Wordで【3分で作る】袋文字(縁取り文字)の作り方

袋文字の作り方のサムネブログ運営

この記事では、Wordでの袋文字の作り方

ブログを運営している人の多くが使用するCanvaでの袋文字の作り方を紹介します。

袋文字を作るのは簡単で3分もあれば作成可能です。

Wordで袋文字を作る

袋文字を無料で使いたいなら、WordやPowerPointでいったん作って画像として保存して使うのが簡単でやりやすいです。

実際に行う手順を以下のような感じです。

Wordで袋文字を作る手順

  1. 3つのテキストを用意する
  2. 文字の輪郭の太さを変える
  3. 3つのテキストを1つに重ねる
  4. グループ化する
  5. 保存する
ブログ主の画像

クライン

実際にやっていきましょう!

3つのテキストを用意する

まず「挿入」→「テキスト」→「テキストボックス」の順でテキストボックスを作り、適当な文字を入れます。

テキストボックスを作る

次に、テキストボックスの枠線と背景色を無くします

図形の書式設定」から下図の赤枠で囲ったとこで、それぞれプルダウンして「枠線なし」と「塗りつぶしなし」を選択します。

テキストボックスの枠線と背景色を消す

その後、コピーで同じものを3つ用意します。

コピーして3つ同じのを作成する
ブログ主の画像

クライン

これで下準備は終了です。

文字の輪郭の太さを変える

続いて、3つのうち2つのテキストで文字の輪郭の太さを変えます

図形の書式設定の中にある、下図の赤枠で囲ってあるところで「輪郭の色と太さ」を変更します。

重ねた時に一番下に来るものの輪郭が一番大きくなり、真ん中に来るものの輪郭はそれより細い輪郭にします。

文字に枠線を付け、太さを変える

3つのテキストを1つに重ねる

テキストを手動で動かして3つを重ねて1つにしてもOKです。その方法で行う人は、この章は、ちょっと長いので飛ばして、次章のグループ化を行うに進んでください。

ほぼ最後の段階です。

3つのテキストを重ねて袋文字を作るのですが、

ここから重要になるのが、「図形の書式設定」の中にある右側の方にある「配置」です。

まずは、「オブジェクトの選択と表示」をクリックします。

配置のオブジェクト選択をする

クリックすると下図のように、右側に「選択」というのが出てきます。

配置の編集をするものが右側に出てくる

次に、3つのテキストボックスすべてを選択します。

選択の仕方は「Ctrlを押しながら、右側にある3つのテキストボックスと書かれたとこをクリック」です。

選択できたら下図のようにすべてが青くなります。

Ctrlを押しながらすべて選択する

そして、「配置」の中にある「配置」で、まず「左揃え」をして、次に、「上揃え」をします。

配置で3つを1つに重ねる(手作業でもいい)

そうすると、3つのテキストが1つに重なります。

見た目の袋文字は完成
ブログ主の画像

クライン

ほぼ完成。あとは、くっつけて保存するだけです。

グループ化を行う

1つに重ねたテキストはまだ、バラバラの3つが同じ場所にあるだけなので、

それらを完全にくっつけ、1つにします。

配置」→「グループ化」→「グループ化(G)」の順にクリックします。

グループ化をする

袋文字完成です。

作成した袋文字を保存する

最後に保存します。

袋文字の枠を「右クリック」して、そこにある「図として保存」を押して保存します。

図として保存する

よってこちらが完成しました。

保存したものは透過された状態で保存されている

Canvaで袋文字の作り方

ブログを運営している人の多くが使っていて、私もアイキャッチ画像等を作るのに使用している「Canva」で袋文字を作り、使います。

Canvaは、無料で使えるデザイン作成ツールです。

Canvaで袋文字を使うには、以下の3種類の方法があります。

Canvaで袋文字を使う方法

  1. 文字の輪郭の太さを変えて作る
  2. 袋文字のフォントを使用する
  3. Wordで作ったものを挿入する
ブログ主の画像

クライン

1つずつ説明していきましょう。

文字を中抜きしてから太さを変えて作る

1つ目の方法は、Canvaを使って、Wordと同じような方法で作ります。

まず、左側の「テキスト」から2つのテキストを用意します。

1つはメインの色、もう一つは枠にしたい色にしておいてください。

2つのテキストを作る

枠にする方の文字を選択すると、上の方に「」が出てくるので、それをクリックします。

そこから、「エフェクト」→「中抜き」の順にクリックして、「太さ」のところで太さを適当に変えます。

中抜きから太さを変える
ブログ主の画像

クライン

あとは重ねて、グループ化をすればお終い。

まず、手動で重ねてください。

2つのテキストを重ねて1つにする

次に、マウスでクリックして引っ張って、重なった2つのテキストをどちらも範囲選択します。

重なった2つのテキストを同時に選択する

そしたら、「」→「グループ化」の順に操作を行います。

それで終わりです。

グループ化を行う

無料の袋文字フォントを使用する

2つ目の方法は、Canvaにある、フォントを使います

まずは、テキストを1つ用意して、上にあるフォントの部分をクリックします。

すると、下図のように左側に「最近使用したハッシュタグ」というのが出てきます。

フォントを変える

次に、左側の一番上の🔍(検索)を押し、新たに出てきた「ディスプレイ」をクリックします。

ディスプレイで調べる

そうすると、ディスプレイの中に、「モトヤ装飾エンボス」が4種類あるので、どれかを選んでください。

モトヤ装飾エンボスのうちどれかを選択する

これで完成です。

Wordで作った袋文字を挿入する

3つ目の方法は、Wordで作ったものをアップロードして使う方法です。

アップロード」→「メディアをアップロード」の順に操作します。

Wordで作成したものをCanvaにアップロードする

デバイス」からアップロードしてください。

アップロードできたら、右側のシートにドラックアンドドロップで表示させます。

ドラックアンドドロップで表示する

これで3種類の方法での袋文字の使い方の説明は以上です。

3つを並べると以下のような感じになります。

3つの方法で作成した袋文字を1つにまとめて表示

それぞれメリット、デメリットはありますが、気に入った方法で試してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ロゴ
タイトルとURLをコピーしました