【必勝法】ブラックジャックで6億稼ぐカードカウンティング

ブラックジャック
【図説で分かる】ブラックジャックのルール解説(初心者おすすめ)
簡潔に言うブラックジャックの基本ルール自分に配られたカードの合計が21を超えないように21に近づけるようにアクションを行うゲーム。22以上になったことをバストと言い即敗北を意味する。ディーラーよりも21に近ければ勝...

最強すぎる戦術

カードカウンティングは、1960年代、数学者エド・ソープが発明したブラックジャックの攻略法です。

練習すれば意外と簡単にできるうえで、最強の戦術になっています。


最強すぎるゆえにカジノではカードカウンティングをイカサマや不正の一種として禁じています。

カードカウンティングとは

ゲームをプレイしていく中で、既に使用したカードによって次に出るカードの確率が変わります。よって次に何が出そうかを予想することが出来ます。


それを正確に計算するのは、とても難しいですが、それを簡略化して行うのがカードカウンティングです。

カードカウンティングのやり方

トランプを数値化する

まずは、トランプを数値化します。

2~6なら+1

7~9なら0

10点札とAなら-1

数値の計算

プレイしてるときに出てきたカードを上の数値で足し算していきます。

例)
という感じにトランプが出たら、
という風に計算していく。
現段階では、−1になっている。

でも実際はこれよりも難しいです。

なぜなら、テーブルの広い範囲にカードが置かれるからです。

こんな感じでテーブルの上に置かれていくので、
広い範囲を見ながら計算します。

カードカウンティングの使い方

数値の計算を行った結果によって、自分が有利かディーラーが有利かが分かります。

+が大きいとき

計算結果がプラスになれば、

2~6が多く出ていることになり、

10点札とAが出やすくなります。

よって、合計「20」が「21」になる確率が上がるので、

自分が有利になります。

また、ディーラーがバストする確率も上がります。

−が大きいとき

計算結果がマイナスになれば、

10点札とAが多く出たことになり、

2~6が出やすくなります。

よって、ディーラーがバストになる確率が低くなり、

ディーラーが有利になります。


賭け方

数値の計算を行い、プラスが大きくなったときに大きく賭けます

逆に、マイナスの時はあまり大きく賭けずチップがなくならないよう凌ぎます。

簡単ですね!

補足
マイナスの時はヒットしまくってもバストしにくい。

カードカウンティングは違法

ここまで、カードカウンティングの方法について紹介してきました。

しかし、最強すぎる戦術なので、

どこのカジノでも基本禁止されています。


そもそも、

使用されたカードを記憶し、次に出るカードを予測する行為

自体が禁止されています。

メモはもちろん、頭の中でそういったことを考えることも禁止です。

カードカウンティングはどう暴かれる?

頭の中は覗けないため、主に客のプレイスタイルによって暴きます。

具体的には、

チップの賭け方が何度も変わる人は予備違反者としてカジノ側にマークされます。

カードカウンティングをしていた場合、少額でプレイしていたのにいきなり大金を賭けるなどします。

ラスベガスなら一発アウトですね。


他にも、ベーシックストラテジーに従わなさすぎる場合も、

次に出てくるカードが分かっているんじゃないかと疑われます。


また証拠がなくても、疑わしい行為により出入り禁止になるなど処罰されることもあります。

有名な事件「ラスベガスをぶっ潰せ」

マサチューセッツ工科大学の学生が、カードカウンティングにより膨大な配当を手に入れた実話があります。

カードカウンティングによって儲けようとする人はいましたが、

カジノはしっかりと対策していました。

そのため、実際はあんまり稼げずに終わります。


しかし、そのうえで学生は成功者になりました。

他と違う、成功した最大の理由として、

複数人で役割分担をして行ったことにあります。

複数人で行った犯行

1人で行うことも可能なカードカウンティングですが、

意外とばれるそうです。


ただし、この学生達はチームプレーで5年間ほどばれませんでした。

チームプレーの方法

3人の人間を用意します。

役割としては、
カウントする人
場の盛り上げ役(おとり)
勝ち逃げする人

の3人です。

それでは、方法を紹介しましょう。


➀カウント役がカードカウンティングをする

プレイしながらカウントしていきます。

この人は負けないように少額でプレイしていきます。

②おとり役が場を盛り上げる

基本的には普通にプレイしていき、オーバーに喜んだり、周りの客を巻き込んで楽しみます。

場の雰囲気を支配しましょう。

このおとり役が大負けしたら意味がありません。

そのため、カウント役の合図を見ながら負けないようにプレイします。

ただし、勝ちすぎないようにしましょう。

③勝ち逃げ役で大勝する

カウント数がプラス(+)に大きくなったときに、カウント役が合図を出して、勝ち逃げ役を呼びます。

勝ち逃げ役は、サラっと来て大金賭けて大勝します。


成功率を上げるために

  • カジノ内での合図は、例えば、ほおずえをつくなどの何気ない動作。
  • カジノ内では他人を装うためにも、しゃべらない。
  • 入場タイミングも変える。
  • 役割は毎回変える。

マサチューセッツ工科大学の学生が稼いだ額

平日は授業なので、土日のみカジノに行っていたそうですが、

2日間で5000万円以上稼いだこともあり、

5年間ではラスベガスで約6億円

と言われています。

実はカードカウンティングをしてもいいカジノがある!

いろいろと調べてるときに、なんかカウンティングOKなカジノもあることを耳にしました。

今すぐにどこどこと言えないのが申し訳ないのですが、

おいおい調べていけたらと思っています。

まとめ

カードカウンティングをやる場合は、自己責任でお願いします。

自分はテクニックの一つなので、いいと思いますし、

ばれても捕まることはないと思います。

ただ、出禁になったり、チップを没収されたりするだけです。

また、ゲームなのでばれなきゃOKでは?

自分はポーカーが好きなので、やらないかなとは思いますが・・・

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました