【図説で分かる】ブラックジャックのルール解説(初心者おすすめ)

ブラックジャック

簡潔に言うブラックジャックの基本ルール

自分に配られたカードの合計が21を超えないように21に近づけるようにアクションを行うゲーム。

22以上になったことをバストと言い即敗北を意味する。

ディーラーよりも21に近ければ勝ちになる。また、ディーラーもバストすることはある。

トランプの点数

2~10までは、そのままの数字が点数になる。

絵札(J,Q,K)は、すべて10点になる。

Aは点数1で数えるか点数11で数える。都合のいい方になる。

ゲームのやり方

  • ディーラーが「賭けてください(プレイス・ユア・ベット)」と言ってから「賭けをやめてください(ノー・モア・ベット)」というまでに賭ける。

  • 2枚ずつ配られディーラーのは1枚裏向きのままにしとく。

  • ディーラーの表向きのカードがA,K,Q,J,10の時は裏向きのカードの数字をディーラー―が確認する。
  • 確認される前に保険(インシュランス)を賭けることができる。

  • それぞれのプレイヤーがアクションを選択する。
  • 基本的なアクションは2つ。ヒットがカード1枚追加。スタンドがアクション終了。
  • 合計が22以上になったらバスト。

  • ディーラーは合計が16以下ならカードを追加し、17以上になったらストップ。
  • 追加し終わったらディーラーより合計が21に近い人が勝ち。

    • 勝った人は2倍。負けは没収。引き分けはなにもなし。

    使用される用語(アクション)

    ブラックジャックの基本アクションとハンドサイン

    ヒット
     カードを1枚追加すること。
    ハンドサイン
     テーブルを2叩く。


    スタンド
     アクションを終了すること。
    ハンドサイン
     テーブルの上で手を横に振る。


    サレンダー
     負けを認め、賭けチップの半分を放棄し半分を返却してもらうこと。
    ハンドサイン
     テーブルを指1本で横一文字に引く。


    賭け金を増やすことが出来るアクション

    ダブルダウン(ダブル)

    最初に賭けた額と同じ額を追加で賭け、1枚のみ追加すること。また、これでアクション終了を意味するように追加されたカードは横向きに置かれる。

    上の例でも合計が14と低いが強制終了で勝負に移ることになる。

    スプリット

    スプリットをするには条件があり、自分のカードが同じ数字でなければならない。

    1人のプレイヤーが同時に2つの勝負をするようにすること。

    最初のヒットをしなくてもカードは追加され、そこからそれぞれを普通にプレイする。

    両方の賭け金は最初に賭けていた額と同じ。上の例では、最初$100賭けていて、自分の手札が6と6だった状態から2つにしたので、両方の賭け金が$100になる。

    Aの場合は、1枚追加された時点でアクションが強制終了。

    ブラックジャックは役って知ってた? ブラックジャックについて

    ブラックジャックはゲームの名前ではありますが、もともと2枚のカードのみで合計が21になる役のことを言います。下のようにAと10点の札の組み合わせがそうです。

    ブラックジャックが出た時は、ゲームの進み方が変わります。

    プレイヤーがブラックジャックを出した場合

    ディーラーがブラックジャックでなければ、即勝ちになる。配当も2.5倍になる。

    $200を賭けてブラックジャックが出れば、$500になる。

    ディーラーがブラックジャックを出した場合

    上のゲーム進行にあるのですが、ディーラーのアップカードがA、10もしくは絵札であればブラックジャックチェックが行われる。

    ディーラーはもう1枚の裏向きのカードをこっそり見て、ブラックジャックであれば、ゲーム終了でディーラーの勝ちになる。(プレイヤーもブラックジャックの場合は引き分け。)

    違ければ、ゲームはそのまま進行する。

    インシュランス(保険をかける)

    ディーラーのブラックジャックチャックの時にかける保険がある。

    保険額は自分が賭けたチップの額の半分。

    $400を最初に賭けていた上の例では、$200が保険額になる。

    保険でチップが増えることはない

    保険をかけて、ディーラーがブラックジャックだった場合、保険でかけたチップが3倍になって返ってくる。

    最初に賭けた額が$400なら保険額は$200。保険が成功したら、$200の3倍で$600が返ってくる。ただ自分が賭けた額も$400+$200=$600なので、±0になる。

    イーブンマネー

    自分がブラックジャックで、ディーラーのアップカードがAの時のみ、イーブンマネーを選択できる。

    イーブンマネーをするとディーラーのブラックジャックチェックの前に配当をもらうことが出来るが、配当が2.5倍ではなく2倍になる。

    ディーラーもブラックジャックだった場合、引き分けになりチップが増えないので少なくてもいいから貰う選択がイーブンマネー。

    まとめ

    ゲーム進行は、賭ける→アクション→勝負→精算、の流れ。

    勝負に勝つには手札の合計を21を超えないように21に近づける。

    ブラックジャックは2枚のみで合計が21になっている役のことで、それに付随するインシュランスやイーブンマネーといった行動をすることがある。

    勝ったら2倍で、負けたら没収。ブラックジャックで勝ったら2.5倍。

    最後まで見ていただきありがとうございました。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました